高校

第3文型(SVO)の例文集 

第3文型とは

主語+動詞+目的語(SVO)の形の文型。
主語は動詞の動作主。目的語はその動作を受ける対象。
第3文型の動詞は目的語をとり補語をとらない完全他動詞。
目的語になるのは名詞、代名詞、そして名詞相当語句。
※ 名詞相当語句とは、to不定詞、動名詞、that節などのことで、そのいずれをとるかは動詞の意味により決まってくる。

resemble / 似ている
He resembles his brother in looks but not in character.
 S   V     O
彼は顔は兄に似ているが性格は違っている。
<次は悪い例>
× He is resembling his father in ・・・
resembleは「似ている」と訳すが、動作動詞ではなく状態動詞であり、進行形にはできないので注意してください。

ABOUT ME
Benタロサ
サラリーマンを引退後、小さな学習塾を開校。英語は日常触れる機会が少ない生徒にとっては、地道な努力が必要とされる教科だと思います。せっかく勉強してもすぐに忘れてしまうことになりかねません。少しでもお役にたてるように、わかりやすさを心掛けて記事を書いていきます。内容はアットランダムな順番になります。少しずつの積み重ねで、ゆくゆくは分厚いサイトになればと夢見ています。