高校

自動詞と他動詞

自動詞とは。他動詞とは。

自動詞とは「目的語がない」動詞です。

「見る」系の動詞lookとseeで説明します。

look ・・ 見る(目を向ける)
see~ ・・ ~を見る

lookは自動詞で、seeは他動詞です。
seeは見る対象物があることを、あらかじ想定しています。和訳も「~を見る」と「~を」がついています。「」に相当する部分が目的語です。

何かと自動詞、他動詞の区別がわからなくなりますので、最後部には備忘記録として一覧表を作っていくこととします。(一度にできませんので、少しずつ増やしていきます。自動詞を重点にして。)

自動詞と他動詞の区別は(第1~第5)文型を認識する時にも、とても重要です。

ちょっと寄り道(句動詞)

そうしますと、自動詞を使って動作の対象などを表現しようとしたとき、どうすればよいのでしょうか?。答えは、その自動詞の後に前置詞をつけて、さらに前置詞のあとに対象物(名詞)を続けるという形にすればよいとネイティブはしました。

つまり、他動詞でいう「目的語相当語」を「前置詞+名詞」で作り出す、ということとなりました。

すなわち、自動詞 + 前置詞 + 名詞 の形です。

トラ
トラ
では元の起動へもどろうニャン

rise と raise

[自V] rise ~が上がる
        rise – rose – risen – rising
[他V] raise ~を上げる、(~を育てる;次項目参照)
   raise – raised – raised – raising

The sun rises in [✖from] the east.
太陽は東から昇る。

Raise your hand if you have any questions.
      O
質問があれば手を挙げなさい

The government’s decision was to raise taxes
                                      O’
政府の決定は税金を上げることであった。

「育つ grow up」 と 「~を育てる bring up」

[自V] grow up  育つ
[他V] bring up ~を育てる
       = raise〔レイズ〕
       = rear〔リア〕

Where in Australia did you grow up?
オーストラリアのどこで あなたは育ちましたか。

Where in Australia were you brought up?
=        〃       were you raised?
=   〃     were you reared?
オーストラリアのどこで あなたは育てられましたか。

自動詞は受動態にすることはできません。(目的語が存在しないから)
Where in Australiawereyougrown up 】?

一方、他動詞は目的語を持ちます。この目的語を主語にして言い換えるとき受動態が出現します。

lie と lay

[自V] lie ~が横たわる (中心義:平たい状態にある)
        lie – lay – lain – lying
[他V] lay ~を横たえる、置く (中心義:横たえて安定させる)
   lay – laid – laid – laying

The baby was lying on the back.
その赤ちゃんはあお向けに寝ていた
*一時的な状態は進行形にして表せる。

The boy laid his cap on the bench.
                      O    場所
その少年は野球帽をベンチの上に置いた

自動詞と他動詞の区別一覧

自動詞
         
  句動詞<他V>
O M    
  他動詞          
go          行く  
go       to school 学校へ行く  
sit          座る  
sit       on the chair 椅子に座る  
             
* →自動詞のみまたは受験上自動詞のみと考えておけばよい動詞
*arrive         着く  
arrive       at the airport 空港へ到着する  
*laugh         笑う  
laugh   at me   私(のこと)笑う
*wait         待つ  
wait       for (人)を待つ  
             
  bore     (人)を退屈させる 感情

ABOUT ME
Benタロサ
サラリーマンを引退後、小さな学習塾を開校。英語は日常触れる機会が少ない生徒にとっては、地道な努力が必要とされる教科だと思います。せっかく勉強してもすぐに忘れてしまうことになりかねません。少しでもお役にたてるように、わかりやすさを心掛けて記事を書いていきます。内容はアットランダムな順番になります。少しずつの積み重ねで、ゆくゆくは分厚いサイトになればと夢見ています。