高校

付帯状況 : 「 with ~ing 」は正しい??

まず結論から;with ~ingという表現は誤りです。

結論から言います。

「 with ~ing 」このような表現はありません。

付帯状況「~しながら」「そして~」の表現の仕方はいろいろあると思いますが、代表的なものは次の2つです。

❶ 分詞構文
❷ 前置詞withを使ったもの (独立分詞構文を含む)

 *独立分詞構文とは、❶分詞構文の中の1パターンでで、従属節と主節の主語が同じときのパターンである。

これを見て大切なことは、「with」を使わなくても「分詞構文」で「付帯状況」を表現できるということを認識することです。

日本人の語感に「付帯状況」というテーマには「with」がぴったりマッチしてしまうためwithだけが頭に残ってしまいがちになります。

それでは、まずザックリの説明です。

❶分詞構文は従属節の「接続詞」とその「意味上の主語」をing形を目印として省略しようとする仕組みで、
❷withは前知詞 です。 

さらに
❷withを使ったものは次の表のように表すことができます。

with +名詞
(意味上の主語)
+分詞 (~ing)
(~ed)
+形容詞  
+<前知詞+名詞> (副詞句)
+副詞  

この表の中で「名詞 + 分詞」の部分は実は独立分詞構文なのです。

ですので、前置詞withを使った表現の中に

 with + 名詞 + 分詞
=with + 独立分詞構文

となっている部分があることを認識してください。

つまり、「❷with表現」の方は「主語」と「意味上の主語」が異なる場合の表現であることがわかると思います。
(独立分詞構文は「主語が異なるときはこれを省略しない」手法ですので同じです。)

ここまで認識をしていただきまして、
次に「主語」と「意味上の主語」が【1】同じ場合と【2】異なる場合に分けて説明します。


【1】「主語」と「意味上の主語」が同じ場合
   この場合は、❶分詞構文を使います。
   すなわち、「接続詞」と「意味上の主語」が省略される表現 ( =分詞構文 )
   で付帯状況を表現することになります。   
   
    *【1】は主語が同じことを前提とした議論なので「❷withでの表現」の方は当然  
     に対象外となります。
     =「with ~ing」は登場しようがない。

【2】「主語」と「意味上の主語」が異なる場合の付帯状況表現

  ・❶の中の独立分詞構文
    か
  ・❷前置詞withを使う
    (上記のように、独立分詞構文は❷にも含まれる。)

  *どちらを選択するにしても、「意味上の主語」は必出になります。

The man was sitting on the bench with his eyes closed.
その男の人は目を閉じてベンチに座っていた。

closeは「~を閉じる」という他動詞ですので、with以下はもともとは「and he closed his eyes.」でしたが、closedの目的語の「his eyes」を主語にして受身に変えると → his eyes was closed

❶独立分詞構文にすると
The man was sitting on the bench , and his eyes was closed.

↓his eyesは前半文の主語The man と異なるので残す。
↓接続詞を省略してwasをing形にしてみると
↓(ちなみに時制は2文とも「過去」)

The man was sitting on the bench , his eyes being closed.

↓closedは過去分詞で、beingが前についていなくても(=省略)されていても意味は分かるので

独立分詞構文の完成
The man was sitting on the bench , his eyes closed.
                    [名] + p.p. 
↓前置詞withで表現すると

The man was sitting on the bench with his eyes closed.

↑冒頭文と同じになりました! 

  ですので、【2】も意味上の主語を省略した「with ~ing」は登場しようがない。
    「with +名詞 + ~ing」の形になります。

したがって、【1】と【2】より冒頭の結論のとおり、
「with ~ing」は登場しようがない=そのような表現は無い、ことがわかりました。

では、without~ing はあるか?


without ~ing」は有り。
 (ただし、これはもちろん分詞構文としてではなく、withoutの語法として)

まとめ


with ~ing → ありえない。
without ~ing → 有り

with~ingがない理由は「主語」「意味上の主語」が同じかどうかがポイントでした。

同じなら → 分詞構文で表現でき、前置詞with表現は出る幕がない。

異なるなら → 「意味上の主語」は表示する必要があり(「with + 意味上の主語」+ ~ingの形である必要があり)、これを省略している「without ~ing」は誤り。

何気に勉強していますと、必ずといっていいほど間違える項目です。
しっかり文法、語法を認識しておきましょう。

 

ABOUT ME
Benタロサ
サラリーマンを引退後、小さな学習塾を開校。英語は日常触れる機会が少ない生徒にとっては、地道な努力が必要とされる教科だと思います。せっかく勉強してもすぐに忘れてしまうことになりかねません。少しでもお役にたてるように、わかりやすさを心掛けて記事を書いていきます。内容はアットランダムな順番になります。少しずつの積み重ねで、ゆくゆくは分厚いサイトになればと夢見ています。