中1

重要な表現を確認しましょう。(中1)

問題

解答・解説 はボックスを タップ(クリック) すると出てきます。

問題を2回目に タップ(クリック) すると 解答・解説 は隠れます。

全表示一覧はページ後半にあります。

トラ
トラ
さっそくいってみよう

1
【 3単現のs 】の作り方を述べなさい。
【3単現のs】のつけ方

 

①一般動詞(原形) +s
②一般動詞(原形) +ess,sh,ch,o,x等で終わる語
③一般動詞(原形)の 語尾 yi にかえて +es /  yの1つ前が子音字のとき

Ben
Ben
代表例を1つずつ覚えておこう
② go → goes
③ study → studies

詳しく知りたい方はコチラへ

I’m ( ) the baseball team.

ぼくは野球チームの一員だ。

I’m ( on ) the baseball team.

—————————
on ⦅ 所属 ⦆ ~の一員で

運動系の部活はチームのイメージ → on

ただ、⦅英⦆ではinも使う。

特に⦅米⦆では学校の代表として対外試合をする運動部はclubとは言わず、teamと呼ぶ。

文科系の部活はclubのイメージ → in 

 in the club

I (  )(  )( he )(  ) his homework.

私はよく彼の宿題を手伝います。

I ( often )( help )( him )( with ) his homework.

*often・・頻度を表す副詞は一般動詞ならその前に。
*help 人 with~ ・・ 人を~の面から手伝う
*動詞の目的語が代名詞の場合は、その目的格を使う。

×I often help his homework. 

とはいわない。

He ( )( )( ) and ( )( ) a ( )( ) his family.

彼は早く起きて家族と神社へ行きました。

He (got)( up )( early ) and ( went )( to ) a ( shrine )( with ) his family.

彼は早く起きて家族と神社へ行きました。 


get up 「起きる」「起床する」

<自>〔 (自) + [副] 〕

get – got

go – went

Our team ( w・・ ) ( )( ).

私たちのチームが1位になりました。

Our team ( won ) ( first )( place ).


win first place 「1位になる」

the first のthe は省略されることが多い。

競技の順位なら → place

1等なら → prize を使う。

解答・解説一覧

【3単現のs】のつけ方

①一般動詞(原形) +s
②一般動詞(原形) +ess,sh,ch,o,x等で終わる語
③一般動詞(原形)の 語尾 yi にかえて +es /  yの1つ前が子音字のとき

Ben
Ben
代表例を1つずつ覚えておこう
② go → goes
③ study → studies

詳しく知りたい方はコチラへ

I’m ( on ) the baseball team.

ぼくは野球チームの一員だ。
—————————
on ⦅ 所属 ⦆ ~の一員で

運動系の部活はチームのイメージ → on

ただ、⦅英⦆ではinも使う。

特に⦅米⦆では学校の代表として対外試合をする運動部はclubとは言わず、teamと呼ぶ。

文科系の部活はclubのイメージ → in 

 in the club

I ( often )( help )( him )( with ) his homework.

私はよく彼の宿題を手伝います。

*often・・頻度を表す副詞は一般動詞ならその前に。
*help 人 with~ ・・ 人を~の面から手伝う
*動詞の目的語が代名詞の場合は、その目的格を使う。

×I often help his homework. 

とはいわない。

He (got)( up )( early ) and ( went )( to ) a ( shrine )( with ) his family.

彼は早く起きて家族と神社へ行きました。 


get up 「起きる」「起床する」

<自>〔 (自) + [副] 〕

get – got

go – went

Our team ( won ) ( first )( place ).
私たちのチームが1位になりました。


win first place 「1位になる」

the first のthe は省略されることが多い。

競技の順位なら → place

1等なら → prize を使う。

ABOUT ME
Benタロサ
サラリーマンを経て、小さな学習塾を開校。英語は日常触れる機会が少ない生徒にとっては、地道な努力が必要とされる教科だと思います。せっかく勉強してもすぐに忘れてしまうことになりかねません。少しでもお役にたてるように、わかりやすさを心掛けて記事を書いていきます。内容はアットランダムな順番になります。少しずつの積み重ねで、ゆくゆくは分厚いサイトになればと夢見ています。