高校

仮定法(3) ifを使わない仮定法①

導入

 

「if」を使わない、さまざま仮定法を2回に分けてみていきます。

<今回>
1) wish
2) as if(though)
3) It is ☆Time
4) ;otherwise

<次回> 参照はこちらへどうぞ
5) if it had no been(were not) for, but for,  without(⇔ with)
6) 条件込み主語
7) to不定詞 副詞用法

8) would rather ~(節:仮定法) (than・・) こちらで扱っています

仮定法 wish

wish + 仮定法過去(完了)

wish 望む (まだできていないことや非現実的なことを望む。)

❶ S + wish + 仮定法過去完了の節
 あの時~であったらよかったのに
 (過去の実現しなかったことへの願望や後悔を表す。)

I wish I had said that to her.
私は彼女にあのことを話せばよかったのに。

❷ S + wish + 仮定法過去の節
 ~であればいいのに
 (現在の実現困難な願望を表す。)

I wish I were a bird.
私が鳥だったらいいのに。

hopeとの違い

hopeは現実的な(+望ましい)ことに使う。

I hope you are well.
お元気のことと思います。

as if(though) + 仮定法

as if(though) + 仮定法 「あたかも~である(あった)かのように」

He talks as if he knew everything.
彼はあたかも(まるで)何でも知っているかのように話す。

She speaks as if she had known about the truth.
彼女はあたかもその真実を知っていたかのように話します。

*as ifとas though はほとんど同じ意味です。大学受験までに際しては追及する必要はありません。

It is ☆ time + 仮定法過去

It is ☆ time + 仮定法過去 「~してもよい頃だ」
には〔about,high〕を入れて表現することもできます。

It is time you went to bed.
(そろそろ)寝る時間だよ。

It is about time you went to bed.
もうそろそろ寝る時間だよ。

It is high time you went to bed.
もうとっくに寝る時間だよ!

仮定法の表現でなくっても大丈夫だよ。

= It is time you (should) go to bed.
= It is time for you to go to bed.

~ ;otherwise + 仮定法

〔現実の話〕;otherwise〔仮定の話〕「さもなければ」「そうでなければ」
 
*「;」はセミコロンといい、前後の文を繋いでいます。

I am busy ; otherwise I would go out.
私は忙しい。そうでなければ、外出するのに

= If I were not busy ,I would go out.

He caught a cold ; otherwise he might have won.
彼はかぜをひいた。そうでなかったら、彼は勝っていただろう。

= If he had not caught a cold , he might have won.

その① まとめ

今回は「if」を使わない、さまざま仮定法の前半をお届けしました。

具体的には「wish」,「as if(though)」,「It is ☆time」,「;otherwise」でした。

次回は後半として「if it had not been (were not) for」「but for」「without」「with」「条件込み主義」「to不定詞の副詞用法」を扱います。 
見たい方はこちらです。 

お楽しみに!

ABOUT ME
Benタロサ
サラリーマンを引退後、小さな学習塾を開校。英語は日常触れる機会が少ない生徒にとっては、地道な努力が必要とされる教科だと思います。せっかく勉強してもすぐに忘れてしまうことになりかねません。少しでもお役にたてるように、わかりやすさを心掛けて記事を書いていきます。内容はアットランダムな順番になります。少しずつの積み重ねで、ゆくゆくは分厚いサイトになればと夢見ています。