中3

仮定法 (中学)

導入

2021年度の教科書改訂により、中学においても仮定法を学習することになりました。

中学の内容はwishとifを使って「現実とは異なることを仮定する」ことです。

頑張って勉強していきましょう!

 

仮定法とは

仮定法とは ❶「・・であればよいのに」と現実とは異なる願望を表したり、 ❷「(もし)・・であれば~だろう(に)」と現実とは異なることを仮定して言うときに使う表現方法をいいます。

Ben
Ben
英語には日本語のように敬語がありません。時制を変えることによって(現在のことでもあえて過去形を使ったりして)距離感を作り出すことにより、丁寧さや現在との隔たりを作り出します。

依頼表現で
Can you・・? → 丁寧に依頼 Could you・・?

が良い例です。

仮定法でも過去時制を使うことで現実にはありえない事柄について表現していきます。

ミケ
ミケ
それじゃあ具体的に見ていこうか

中学で学ぶ2つの形

I wish (that) ・・

「・・であればよいのに」現実とは異なる願望を表すときは次のように表します。

I wish(that) + S + (助)動詞の過去形

*動詞がbe動詞の場合、主語(S)にかかわらず、wereを使うことが多い。

現実  I can’t go to school.
 私は学校へ行くことができません。
願望  I wish I could go to school.

 学校へ行くことができればいいのになあ。

 *助動詞のあとの動詞は常に原形

現実  I don’t have a computer.
 私はコンピューターを持っていない。
願望  I wish I had a computer.
 私にコンピューターがあったらなあ。
願望  I wish I were with you now.
 今あなたと一緒にいられればなあ。
願望  I wish there were no discrimination in the world.
 世の中に差別がなければいいのに。
願望

 I wish it were sunny today.
今日晴れていればなあ。

同じ願望でも実現性があるもの

I hope I can win the next match.
次の試合に勝てたらいいな。

if

「(もし)・・であれば~(する)だろう(に)」現実とは異なることを言うときは、ifを用いた仮定法で表します。

If + S’ + were ・・,  S + 助動詞の過去形 + 動詞の原形

  (助)動詞の過去形

ありえる仮定 If it is sunny tomorrow, I will go on a picnic.
*時・条件を表す副詞節では未来のことでも現在形
もし明日晴れなら、ピクニックにいくでしょう。
ありえない仮定  If it were sunny today, I would go on a picnic.
 もし今日晴れていたら、ピクニックに行っただろうに。
ありえない仮定  If I were you, I would ask my family for help.
 もし私があなたなら、家族に助けを求めるでしょう。
ありえる仮定 If you buy a computer, you can surf the internet.
もしあなたがコンピューターを買うのなら、あなたはネットサーフィンをすることができます。
ありえない仮定 If you had a computer now, you could surf the internet.
もし今あなたがコンピューターを持っていれば、あなたはネットサーフィンをすることがでるのになあ。

まとめ

仮定法はあり得ない仮定を表現する方法で、過去の時制にすることにより、現在と距離感をつくることにより表現します。このことが理解できれば覚えやすいと思います。思考過程は高度になりますので、繰り返し問題を解き、マスターしてください。

ABOUT ME
Benタロサ
サラリーマンを引退後、小さな学習塾を開校。英語は日常触れる機会が少ない生徒にとっては、地道な努力が必要とされる教科だと思います。せっかく勉強してもすぐに忘れてしまうことになりかねません。少しでもお役にたてるように、わかりやすさを心掛けて記事を書いていきます。内容はアットランダムな順番になります。少しずつの積み重ねで、ゆくゆくは分厚いサイトになればと夢見ています。