中1

can ~ ~できる

はじめに

今回は「can:~(することが)できる」という表現を学習します。canは助動詞という品詞の中の一つです。助動詞とは、動詞を助け動詞に意味を付け加える役目をします。助動詞+動詞の形で連なり、その時の動詞は原形を使います。それではさっそく見ていきましょう。

私は~できます。

<can+動詞の原形>「~することができます」・・・能力を表すときに使う。
*主語が何であっても形は変わらない。

I can read hiragana.
私はひらがなを読むことができます。

<canの否定文>私は~できません。

<cannot [can’t]+動詞の原形>「~することができません」
 ✖can not
 *cannotの短縮形 → can’t

I can’t read kanji.
私は漢字を読むことができません。

<canの疑問文>(あなた)は~できますか。

< can + 主語 + 動詞の原形 ~ ? >
*canを主語の前(先頭)にもっていけばよい。

Your brother can drive a car.
⇓ 
Can your brother drive a car ?
あなたのお兄さんは車を運転することができますか。

Yes, he can.  / No, he can’t.
はい、できます。/ いいえ、できません。
*canで聞かれたときはcanで答える。

 

否定文で「~であるはずがない」(高校)

can’t (cannot)「~であるはずがない」

He can’t be ill. I just saw him swimming. 
彼は病気であるはずがない。彼が泳いでいるのを見たばかりだもの。

———-

後半の文は知覚動詞seeの文。

知覚動詞 + O (目的語) do(原形)
doing
~ed

 

can’t 「~であるはずがない」の対応の肯定語は何?

Ben
Ben
対応の肯定語は

must「~に違いない」

must⦅確信のある推量⦆「~に違いない」

you must be tired after your journey.
(あなたは旅の後で疲れているに違いない。)
ご旅行の後でさぞお疲れでしょう。

ABOUT ME
Benタロサ
サラリーマンを引退後、小さな学習塾を開校。英語は日常触れる機会が少ない生徒にとっては、地道な努力が必要とされる教科だと思います。せっかく勉強してもすぐに忘れてしまうことになりかねません。少しでもお役にたてるように、わかりやすさを心掛けて記事を書いていきます。内容はアットランダムな順番になります。少しずつの積み重ねで、ゆくゆくは分厚いサイトになればと夢見ています。