中3

現在完了形 (2) 「 経験 」

覚えているかな?/ 現在完了の「概観」と「継続」

Ben
Ben
前回の現在完了の学習では、「概観」とあと、3つの項目のうち「継続」についてみてきました。

現在完了 〔 継続 ・ 経験 ・ 完了  〕

Ben
Ben

じゃあ、今日は「経験」を表す現在完了形について見ていこう。

②「経験」/ 現在完了

トラ
トラ
大部分 前回の概観の内容を繰り返しているよ。

量が増えた訳じゃないから 心配するニャ

「経験」/ 現在完了
■ 意味:(今までに)~したことがある。
■ 内容 : 過去から現在までの経験。期間中に「点在する()」イメージね。
■ 形:
「S」=主語 (subject) / 「過分」=過去分詞の略

肯定文 S + have (has) + 過分 Sが3人称単数 → has
否定文 S + have (has) + never + 過分 have (has)の後にnever」を付ける
疑問文 Have (Has) +S + 過分~? have (has)を先頭へ(通常の疑問文)
How many times + 通常の疑問文 ?  何回 ?
How often + 通常の疑問文 ? どのくらいの頻度で ? 
ミケ
ミケ
neverや次に掲げる語句は⦅「経験」を表す文章だよ ⦆って言っている目印だネ。

■よく使われる語(句)
(上記の表と一部ダブります。)

before 以前に
often しばしば
once/twice/~times 1回 / 2回 / ~回
ever 主語と過分の間にサンドイッチ 今までに
How many times~?

                      何回~?

How often ~? どのくらいの頻度で~
ロンドンアイ
トラ
トラ
次は例文で使い方を確認するニャン

例文「経験」/ 現在完了

肯定文 [ 経験 ]

・I have read this book before.
 私は以前この本を読んだことがあります。

・We have often talked with the old woman.
 私たちはしばしばそのお年寄りの女性と話をしたことがあります。

・I have skied in Canada once.
私はカナダで1度スキーをしたことがあります。

・Jane has eaten natto twice.
ジェーンは2度納豆を食べたことがあります。

・I have been to Hawaii before.
私は以前ハワイに行ったことがあります

「~へ行ったことがある」
have (has) been to ~

have (has) gone to~
*have(has)gone to ~は、「~へ行ってしまった(ここにはいない)」という意味になります。

そこへ行ったことがある。」はどう表現するか?

私はそこへ2回行ったことがある。
I have been there twice.

前出のHawaiiは名詞で、「~へ」という意味を表すときは、その名詞の前に前置詞「to」を置きます。

ところが、ここでの例文のthereは副詞です。「~へ」「~に」という意味を含んでいますので、前に前置詞を置かないで直接1語(there)で使用します。

同じことが「abroad(外国へ)」=「場所を表す副詞」などにも言えます。

◎go abroad  ✖ go to abroad
             ×

ミケ
ミケ
気をつけましょう。

 

エッフェル塔

否定文 [ 経験 ]

・Kate has never used this bike.
ケイトはこの自転車を1度も使ったことがありません

疑問文 [ 経験 ]

・Have you ever seen Tokyo Skytree ?
 あなたは東京スカイツリーを見たことがありますか。

→ Yes,I have. / No.I haven’t.

↑ Haveで聞かれたら、haveで答える。

How many times has Saki visited the UK ?
 咲何回英国を訪れたことがありますか。

→ Three times. 3回です。

How often do you go to the library ?
 あなたはどのくらいの頻度で図書館へ行きますか?

→ About two times a month.

月に2回くらいです。

 

①How many times~?②How often~?の違いを意識しましょう。


①How many times ~? → 「回数」

②How often ~?→ 「頻度」

カナディアンロッキー

まとめ「経験」/ 現在完了

今回は現在完了の中の〔②「経験」〕について学習してきました。

そして。「経験」の文章だよ、という目印は次のようなものがありました。

before (以前に)」「often(しばしば)」や

回数を表す「once (1度)」「twice(2度)」「 ~times( ~回)」

「行ったことがある」との表現は「have(has)been to

特に否定文に出てくる「never(1度も~ない)」や

疑問文に出てくる「ever(今までに)」「How many times ~?(何回~)」「How often ~?(どのくらいの頻度で~)」

以上の「目印」は確実に覚えておきましょう。

[ 確認テストをおこなう ]3年●13~●21を実施してください。

タイの夕日
ABOUT ME
Benタロサ
サラリーマンを引退後、小さな学習塾を開校。英語は日常触れる機会が少ない生徒にとっては、地道な努力が必要とされる教科だと思います。せっかく勉強してもすぐに忘れてしまうことになりかねません。少しでもお役にたてるように、わかりやすさを心掛けて記事を書いていきます。内容はアットランダムな順番になります。少しずつの積み重ねで、ゆくゆくは分厚いサイトになればと夢見ています。