高校

第5文型の〔+ to do( to不定詞 )〕形

第5文型の⦅+to do⦆形=to 不定詞

Ben
Ben
今回はS+V+O+C型、すなわち第5文型を見ていくよ。

そして、その中でも目的語の次が⦅to+do⦆をとる動詞を見ていこう。

別の言い方をすると、補語(C)が⦅to+do⦆形となる動詞とも言えるね。

Ben
Ben
まず、今日学習するポイントを表にまとめていますので、ご覧ください。

<表1>

強制度 S+ 中学時代 (V) + +  (C:補語)
主語+ tell + 目的語 + to do
(to 不定詞)
ask
want

+

<表2>

  許す   allow    
命令 tell warn order enable
要求 ask recommend advise cause
願望 want wish expect *

言語は生き物です。使われ続けて「論理的な規則が出来上がる」ことがあるかと思うと、一つひとつ とにかく個別に覚える必要のあるものもあります。

今回の⦅+ to do⦆の形をとるものは、ある程度の傾向でまとめることができます。

【 上記2表の説明 】

【<表1>について】

中学時代に「want(欲しい)」「ask(依頼する)」「tell(話す)」という基本動詞を学習しました。

「イメージ」は順番に「願望」「要求」「命令」で、表では下から上へ向かう配列にしてあります。

「願望」=話者の気持ちの中にとどめる。
「要求」=気持ちの中にとどめきれず、ちょっと要求してみる。
「命令」=必ずさせたいので、相手の行動を指定する。

【<表2>について】

<表1>の配列を基軸にして、横に似たイメージの動詞を並べています。
一番上の「許す」は、命令を超越して「許す」=相手の気持ちを尊重して許す(allow)というイメージで表2の当該位置へ配置しました。

次の段で例文を掲載しています。

必ずしも、そこに掲載した例文でなくてもよいので、お気に入りの例文を作り、頭に定着するまで暗記を繰り返しましょう。

Ben
Ben
下の表は今日学ぶ範囲の他で、S+V+O+C=第5文型をとる動詞の一覧(例示)です。

「使役動詞」「知覚動詞」です。
これらの動詞は目的語(O)の次は「原形不定詞」「過去分詞」となります。

こちらは、またの機会に学習することとします。

とりあえず、S+V+O+の「補語(C)となる部分の形は⦅to do⦆だけではない」ことがわかれば今日はOKです。

使役度 S+ 使役動詞 (V) + + V’ (C:補語)
主語+ make + 目的語 + ・原形不定詞
・過去分詞
have
let
  S+ 知覚動詞 (V) + + V’ (C:補語)
主語+ see 同  上
feel
など
スズラン坊や

第5文型(S+V+O+C)の特徴

第5文型( S+V+O+C )

OとCの関係が意味的に考えた場合、次のようになります。

O=意味上の主語
C(to do)=意味上の主語にとっての動詞的意味

又は

O=C

We named our dog Kuro.
私たちは私たちの犬をクロと名付けた。
our dog = Kuro

S+V+O+⦅to do⦆の例文

① I want you to tell the truth.
私はあなたに真実を話して欲しい。

I want that you tell the truth.
that[節]はとることはできない。

② I asked them to come dinner.
私は彼らに夕食にくるよう頼みました。
= I asked that they (should) come to dinner.

③The doctor told her to stay home.
その医者は彼女に家にいるように言った。
=The doctor told that she should stay home.

④I wish you to meet Jone.
私はあなたにジョンと会ってほしい。

⑤I’d recommend you to visit the museum.
私はその美術館を訪れるようお勧めしたい。

⑥The teacher warned his students not to speak to strangers.
先生は生徒に見知らぬ人に話しかけないようにと注意した。
(しばしば否定形で使われる。toの前にnotを置くことに注意。)

⑦we expect our students to come to school at 8.30a.m.
私たちは生徒たちが午前8時30分に当校することを期待している。
(*先の表2では日本語感覚(expect=期待する)で「願望」に分類したが、実は英語では非常に強制力の強い表現である。)

⑧He advised the kids to play indoors.
彼は子共たちに屋内で遊ぶように言った。

⑨The icy street caused the cars to skid.
凍った通りは車が滑ることを引き起こした。(直訳)

⑩The police ordered me to put up my hands.
警察は私に手を上げろと命令した。

⑪The bypass enabled the traffic to flow smoothly.
そのバイパスは交通が流れがよくなるようにした。(直訳)

⑫Dad allowed me to use his car.
パパは私に彼の車を使うのを許してくれた。

時間軸上のイメージ

時間軸を意識して次の2文を比較してみよう。

❶ I heard my name mentioned.
私は自分の名前が呼ばれるのを聞いた。

呼ばれた

名前

聞いた

「呼ばれた」「聞いた」が同時に起きています

❷ Please allow me to introduce myself.
どうか私に自己紹介をさせてください。

許されたら → 自己紹介する

まず、許されて、次に自己紹介へと移っていく感じがしますね。

「目的語 + to do 」の時間的イメージはつかめましたか?

まとめ

今回は第5文型( S+V+O+C )の「目的語 + to do 」 の形をとる動詞を見てきました。

別の形をとる第5文型もあり(使役動詞や知覚動詞なんかがありましたね。)「目的語 + to do 」の形が唯一の形というわけではありませんでした。

「目的語 + to do 」の形をとる動詞は、一つ一つ覚えていかなければなりませんが、中学時代に習った「want」「ask」「tell」を基軸に、上の<表1><表2>のように覚えれば記憶に残っていくと思います。

あと、意識すべきは、第5文型SVOCの「O」と「C」の関係が「意味上の主語」「動詞」の関係 又は O=C の関係になること。

そして、時間軸上のイメージも思い出すようにしてください。

例文で何度も確認してみましょう。

確認テストをしてみる

 

ABOUT ME
Benタロサ
サラリーマンを引退後、小さな学習塾を開校。英語は日常触れる機会が少ない生徒にとっては、地道な努力が必要とされる教科だと思います。せっかく勉強してもすぐに忘れてしまうことになりかねません。少しでもお役にたてるように、わかりやすさを心掛けて記事を書いていきます。内容はアットランダムな順番になります。少しずつの積み重ねで、ゆくゆくは分厚いサイトになればと夢見ています。