高校

bore 退屈させる

まず、問題からやってみましょう

次の文を訳しなさい。
❶ He is really bored.
❷ He is really boring.

問題文(再掲)とは次の通りです。

❶ He is really bored.
彼は本当に退屈している。
「退屈させること」を「されている」→ 退屈している

❷ He is really boring.
彼は本当に退屈させる(ヤツだ)。
boringの後ろにmanを補ってみる

❷の訳を「✖彼は本当に退屈している(ところだ)」とした人はいませんか?

日本語感覚に合いそうなので、ついついやりがちなミスです。
(正解した人はここまででも大丈夫だと思います。)
——————–
正解のように訳すプロセスを今から考察していくことにしましょう。

はじめに boreの意味 を正確に把握すること

bore ; (他V) 「~を退屈させる」と訳します。 (感情動詞

他動詞ですので目的語をとります。そしてさらに言うと、「人」が目的語となります。

つまり

bore + 人 (人)を退屈させる」です。

また、感情動詞は~ed(過去分詞)~ing(現在分詞)の形をした2種類の形容詞を持っています。
bore の場合は次の通り。

形容詞 bored 過去分詞形 退屈した
boring 現在分詞形 退屈な(させる)

考察開始

問題文再掲 ❷ He is really boring.

■この文に使われている「boring」be動詞 is と組んだ現在進行形か(=動詞か)?

[答え]現在進行形(=動詞)ではない

[理由]boringに続く目的語(人)が無いから
(実はルールとして、「状態」を表す「感情動詞」には「進行形はありません」。この面からも進行形ではないと言えますね。)

[では何?] → 形容詞のing形の方である
( 「is」 という「SVC第2文型を作る動詞」が使ってあるから「形容詞」である、と判断してもよい。)

ここまで来れば「彼は本当に退屈させる(ヤツだ)。] という訳に辿り着けるかと思います。

さらに深掘りしてルールを見つける

感情動詞 + (人)

人(目的語)を主語にした受身文をつくる

He bored me.
 S     V     O(人)
彼は私を退屈にさせた。

↓受動態へ

I was bored (by him).
S   V    C (過去分詞=形容詞)
私は(彼に)退屈した。

—————
もう一つ

This book bored me.
  S        V     O(人)
この本は私を退屈にさせた。

↓受動態へ

I was bored (by this book).
S   V    C (過去分詞=形容詞)
私は(この本によって)退屈した。

(受動態にして)人が主語のときは S(人:元の目的語) + be ~ed
be ~ed は受身と見れるし、形容詞(=補語)ともとれる。→ SVC第2文型で形容詞 と解すればよい。

次に、モノを主語にしたSVCの文を作り、比較してみる

This is an interesting book.
  S   V         C(形+名)

↓bookを主語に移動させると

This book is interesting.
     S       V   C(形)

導かれた「感情を表す分詞(形容詞)の使い分け(ルール)」

SVC: 主語 と C(補語=分詞)の関係

主語S V 分詞C  
  ed 過去分詞
モノ   ing 現在分詞

*[形]boringは人が主語のときも成立しますので、この表にまとめたルールの例外として覚えておきましょう <出る!>
これについては、次項に説明入れておきます。

文❷に戻り、上記使い分け(ルール)を検証してみる

boringの後ろにmanという名詞をいれてみると

He is a boring man.

(The man=)He is boring.  ← ❷文(reallyは除外してある)
*これはルールから外れた例外(主語が人だが、ing形の形容詞で成立する感情形容詞)でした。

(言語は生きものですので、例外は普通に生じますね。)

まとめ

感情動詞は分詞と絡めて、よく出題されますので、十分トレーニングしておきましょう。

ABOUT ME
Benタロサ
サラリーマンを引退後、小さな学習塾を開校。英語は日常触れる機会が少ない生徒にとっては、地道な努力が必要とされる教科だと思います。せっかく勉強してもすぐに忘れてしまうことになりかねません。少しでもお役にたてるように、わかりやすさを心掛けて記事を書いていきます。内容はアットランダムな順番になります。少しずつの積み重ねで、ゆくゆくは分厚いサイトになればと夢見ています。