中2

原級を用いる比較

はじめに

Ben
Ben

今までは原級を変化させて、その比較級や最上級を用いて比較を考えてきましたが、今度は原級自体を用いて比較する表現を学習していきましょう。

具体的には「・・・と同じくらい ~ だ」という表現になります。

as + ~(原級) + as ・・

肯定文

< as + (~)原級 + as ・・・ >

・・・と同じくらい だ」

原級とは形容詞や副詞の変化していない元の形をいう。

This song is as popular as that one.

この歌はあの歌と同じくらい人気があります。

popular [形] 人気がある

Yuta runs as fast as Takashi.

ユウタはタカシと同じくらい速く走ります。

fast [副] 速く

 


1つ目のasは → 副詞 「(原級)と同じくらい」という意味。

2つ目のasは → 接続詞 「・・・と比べて」という意味。

2つ目のasは接続詞ですのでそれ以降はSV・・と続くはずです。ですが、そのようになっていないことがあります。これは繰り返し部分が省略されていると考えましょう。
中学ではこの省略された形をまず学びます。

This song is as popular as that one ( is ) .

Yuta runs as fast as Takashi ( runs ) .

★★

比較する二つは「同じカテゴリーのもの」になります。

★★★

このサイトでは、なるべく教科書に沿った訳し方をしていきますが、基本はあくまで「程度が同じくらい」のことを表現します。

「主語は ・・・ と同じくらい速く走ります。」と訳してあっても「・・・と同程度の速さで走る」の意味で、「めちゃくちゃ速く走る」ということを意味しているわけではないので気を付けましょう。

 

否定文

否定文は

< not as + 原級(~) + as ・・・ >で

「・・・ほど ~ ではない」

トラ
トラ
訳し方に注意しようね

This room is not as large as that one.

この部屋はあの部屋ほど広くありません

*large [形] 広い、大きい

I don’t get up as early as my mother.

私は母ほど早く起きません。

*early [副] 早く

まとめ

❶原級を用いて「・・・と同じくらい~」という表現は?

< as + (~)原級 + as ・・・ >

❷「1つ目のas」と「2つ目のas」の違いを文法的に説明してください。


1つ目のasは → 副詞 「(原級)と同じくらい」という意味。

2つ目のasは → 接続詞 「・・・と比べて」という意味。

2つ目のasは接続詞なので、それ以降はSV・・と続くはず。しかし、そのようになっていないことがある。 → これは、繰り返し部分が省略されていると考える。

★★
比較する二つは「同じカテゴリーのもの」になる。

★★★
「程度が同じくらい」のことを表現している。

❸ ❶の否定文の形は? その訳し方は?

< not as + 原級(~) + as ・・・ >で

「・・・ほど ~ ではない」

 

Ben
Ben
❶~❸が頭に入ったところで終わりましょう。

ABOUT ME
Benタロサ
サラリーマンを経て、小さな学習塾を開校。英語は日常触れる機会が少ない生徒にとっては、地道な努力が必要とされる教科だと思います。せっかく勉強してもすぐに忘れてしまうことになりかねません。少しでもお役にたてるように、わかりやすさを心掛けて記事を書いていきます。内容はアットランダムな順番になります。少しずつの積み重ねで、ゆくゆくは分厚いサイトになればと夢見ています。